ToF (Time of Flight)カメラ、イメージセンサ監視カメラ、産業機器およびセンサ自動車

2022年版3D LiDAR市場のマーケティング分析

発刊年月 2022/5
体裁 A4 : 214ページ
価格
500,000円(日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概要
LiDARは近年において最も注目される光学センサである。特にモバイル製品での採用や自動車での採用は市場での注目度を一気に押し上げた。そうした注目度の高さと市場の将来の可能性から多くの企業がこれまで市場参入をしてきており、多くの新しい技術がそこで試されようとしている。弊社では2016年にLidarに関する市場レポートを発刊して以来、継続的に市場ウォッチングを行ってきた。本レポートはその最新版である。

LiDARの利用用途は非常に広く、その各々の用途に応じて要求される製品性能や特徴が異なり、採用される技術も異なる。今回本レポートにおいて記述分析されるのは、1μmを超える”長波長光源”登場による新しい潮流である。例えば、自動車市場では検知距離が100~150mを超えるような長距離範囲での利用が検討されている事もあり、アイセーフの観点からより高出力が出しやすい長波長光源(Short Wave Infrared (SWIR))である1,310nmや1,550nm等の周波数帯を用いたTOFタイプのLiDARの開発が進められる動きが出て来ている。

一方、同じく長波長光源を採用した別の潮流にFMCW LiDARがある。現時点ではFMCW LiDARは実用レベルで市場投入されている製品はないものの、既にいくつかの企業の中には、Car OEMと提携して具体的な搭載計画を発表している企業も出ており、局面に変化が出てきた。
こうした事を踏まえ、本調査報告書では需要拡大が期待される3D LiDAR市場に関し、LiDAR製品を展開するメーカの事業展開の実態把握を軸に、各市場分野のアプリケーションの全体像、LiDAR製品の技術的の変化にも触れ、市場動向を明らかにすることを目的としている。
 
目次
調査総評(Summary)
    1). 3D LiDAR市場全体の市場規模トレンド推移
    2). 3D LiDAR分野別の主要メーカシェア推移(Top3+Others) CY2020⇒CY2021
    3). 3D LiDARの主要アプリケーション事例
    4). 数量規模ベースで見るアプリケーション別の市場規模推移
    5). 3D LiDARにおける測距距離と設置環境における展開状況
    6). LiDAR製品における製品タイプ別の推移
    7). 3D LiDAR市場調査総論と今後の展望
I. 市場動向編
    1. 3D LiDAR市場概要(Y2020-Y2035F)
        1-1. 3D LiDAR市場全体の市場規模トレンド
        1-2. 3D LiDARにおける分野別市場規模トレンド
        1-3. 3D LiDARにおける分野別市場規模トレンド詳細
    2. 3D LiDARアプリケーション動向
        2-1. 産業分野分野における市場動向
        2-2. 自動車分野市場動向
        2-3. 民生分野市場動向
II. 製品別市場動向編
    1. 3D LiDAR製品動向
        1-1. LiDARシステムの基本構成要素
        1-2. LiDARの主要開発テーマ
        1-3. 3D LiDARアプリケーション別の今後の開発テーマ
        1-4. 検知距離別LiDARにおける光源/受光素子の採用状況
        1-5. TX系動向
        1-6. RX系動向
        1-7. スキャニング系動向
        1-8. 長波長LiDAR市場動向
III. メーカ動向編
    1. 3D LiDARメーカ市場展開動向
        1-1. 3D LiDARアプリケーション別メーカ別年間数量規模一覧(Y2020)
        1-2. 3D LiDARアプリケーション別メーカ別年間数量規模一覧(Y2021)
        1-3. 分野別メーカシェア動向
IV. 主要LiDARメーカ個票編
V. LiDAR製品リスト